singha-beer_glass

残暑にオススメ!微笑みの国タイからやってきた「シンハービール」

微笑みの国タイは、微笑んでいられないほど暑い。酷暑とはあのことを言う。

これまでに数回旅行で行っているけれど、観光する気もなくなるほど暑い日なんかは、日本でいう定食屋的なお店で昼間からビールを飲むのが一番。

そうしたタイの飲食店には、まず間違いなくこのシンハービールがある。

 

singha-beer

シンハービールはタイの代名詞

タイは本当に好きな国だから、このシンハービールを日本で見かけるだけでエモな気分になってしまう。そんな困ったビール。

タイのどのお店に行ってもこのビールが置いてあるから、もうメニューすら見なくていい。一言、「シンハー」といえばこいつが出てくる。

それくらいタイでメジャーなビールだから、「タイといえばシンハー」というイメージすらある。

あの湿度の高い国で、昼間からパッタイ(タイの焼きそば)をつつきながらこのシンハーを一杯やると、「く〜〜っ!」てな気分になれる。

 

タイ王室が認めたプレミアムビール

そんなシンハービールはタイ王室お墨付きの印である、神鳥ガルーダの紋章を1939年に授与されている。(飲み口やや下の部分)

そんな由緒正しいプレミアムビールであるシンハーは、1933年にBoonrawd Srethaputra氏によって作られた「ブーンロード・ブルワリーカンパニー」で製造されている。なんと、タイで初めてのビールということで、そんなところもプレミアム。

 

singha-beer_glass

まだまだ暑い日々にピッタリ

hipahipaでは、シンハーと同じくアジアンビールを紹介したことがある。

何杯でも飲めちゃう中国最古のビール。「青島ビール」

アジアンビールの特徴として、すっきり飲みやすく、油断していると水のようにがぶ飲みしてしまうところがあるけれど、シンハーもこれに倣い、非常に飲みやすいピルスナービールに仕上がっている。

シメイ青ヒューガルデン・ホワイト、あるいはVEDETTのような溢れんばかりの個性はないけれど、それは暑い土地に特化しているから。

タイのように暑いところでは、逆にシンハーぐらい飲みやすいほうが美味しく感じられる。それも、もちろんキンキンに冷えたものをクッと飲み干すのが最高なわけ。

9月に突入し、高校生達が憂鬱な顔で新学期を迎えているけれど、まだまだ昼間は暑い。残暑のBBQを企画している方には是非このシンハービールをお供に友達と最後のワイガヤを楽しんで欲しい。

 

BBQでオススメな音楽、スポットはこちらです

バーベキューや夏ドライブでおすすめの音楽 – みんなで聞こう! –

京都, 大阪, 神戸, 滋賀のおすすめバーベキュー場。時代は、スマートバーベキュー。

 

 

お求めはこちらから

 

シンハービール公式サイト

シンハービール Singha-beer

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 1 =