jack-hammer_glass.JPG.formatted

苦すぎるとブリュードッグが警告するジャックハンマーIPAとは?

スコットランドのクラフトビールブルワリー BrewDog(ブリュードッグ)のビールを見かけたら必ず買うようにしている。ここのビールはハズレがないからだ。

先日、何か美味しそうなビールはないかと酒屋に寄ったところ、今回紹介するジャックハンマーを発見したので即お買い上げ。ブリュードッグへの信頼を更に確かなものにしてくれたこのビールを伝えたい。

 

jack-hammer.JPG.formatted

IPAの申し子 BrewDog(ブリュードッグ)でさえ警告するビール

2007年の創業以来、スコットランドに居を構えるブルワリー ブリュードッグは名のあるビールコンテストを総ナメにしてきた。

hipahipaでも何度かレビューしているけれど、ブリュードッグのビールはどれも素晴らしく、そして楽しい気分にしてくれる。決して酔っ払っているわけではない。

名作ばかりを揃えるブリュードッグはIPAの名手でもある。PUNK IPA、HADCORE IPA、CHAOS THEORYなど、さすがイギリスと言いたくなるパンキッシュな名前のIPAビールを作っている。

マッサンでおなじみスコットランドから世界一のIPAがやってきた。「PUNK IPA」

そんなブリュードッグの手になるJack Hammer (ジャックハンマー)がただのビールなわけがない。公式サイトの紹介文からして笑える。

このビールは苦い。とても苦い。

それでも飲むというのなら、警告しなかったとは言わせない。

Jack Hammer | BrewDog

ジャックハンマーを飲む人をここまでビビらせておいて大丈夫なのかと思うけれど、この尖り方がブリュードッグらしくてイイね。

 

jack-hammer_glass.JPG.formatted

苦いだけではない旨さ

さて、ブリュードッグの警告を無視してみよう。

口に含んでみてまず感じるのは、もちろん強烈な苦み。フリスクやメントスなんかを口に放り込んだときのような爽快さに乗って、確かな苦みが喉まで突き抜け、味覚という味覚を震わせてくれる。「削岩機」という名前は伊達じゃない。

しかし、「うわ、苦い!」で終わらせないところがブリュードッグ一流の仕事。大量投入のホップに紛れ込ませた麦芽によって旨みも感じられる仕上がりになっている。

ジャックハンマーはただ苦いだけでなく、苦み+爽快さ+旨みという3つの構成要素がハイレベルで結実した名作なのだな。いやはや、またしてもブリュードッグにしてやられた。

 

お求めはこちらから

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + four =