エチゴビール

日本クラフトビール界のはじめの一歩「エチゴビール」

4月から新年度を迎え、みなさん如何お過ごしでしょうか

異動、転勤、転職、進学、その他、環境の変化も多く新しいスタートに対するワクワクもあれば一抹の不安もあり、そんな空気を感じる春は、私にとって何だかむずかゆい季節です。

今日は、そんなフレッシュな春にピッタリなビールと一品をお届けしようと思います。

エチゴビール

日本における地ビールの“はじめの一歩”
「エチゴビール」からレッドエールを紹介します

エチゴビール

店頭でも目立つ真っ赤っかデザイン

はじめの一歩??某有名漫画ではないです。

実は、昨今の地ビールブーム(現、クラフトビールブーム)の先駆けとなったブルワリーさんです。

このブームが始まるきっかけとなったのは、1994(平成6年)の酒類製造免許の規制緩和が関わっています。
それまでは、年間の最低製造見込数量が2000kLという途方もない量を製造しなければならなかったのが、60kLに緩和されたのです。
どの位の量かといいますと・・・・写真が350mL缶なので、
2000kL ⇒ 571万本
60kL ⇒ 17万本

と今までより少ない量で製造免許を取得することが可能に!!
まぁ・・・いずれにしても凄い量ですが。笑
工場を構えて販売するのにどれだけの投資が必要になるやらε-(=`ω´=)

この緩和のおかげで、それまで大手メーカーが中心となっていたビール製造の門戸が小規模事業者にも開かれ、日本各地で続々とクラフトビールが誕生したわけです。

その中でもダントツ早かったのがエチゴビール。

全国のクラフトビール醸造所に先駆けて1995年にクラフトビール第一号を開発・販売しました。

そんな、クラフトビールはじめの一歩たるエチゴビールのレッドエール。さっそくテイスティングしてみましょう!

エチゴビール

エールビールの中でも色が濃く、うっすら赤みを帯びています

レッドエールの名前の由来はこの色合いから来ているのですね。

※因みに、レッドエールはアイルランド発祥で「アイリッシュエール」とも呼称。

この色の秘密は、「カラメル麦芽」を使用していることが関係しています。

原料となる麦芽を、ロースターで焙煎することにより麦芽内の糖質がカラメル化するのです!これにより、甘味が加わりふくよかーな味わいになるわけです◎

前回の記事で書いた、よなよなエールと異なるのはホップ由来のフルーティな香りと苦みがちょっと落ち着けてあり、先程のふくよかな味わいが強調されたものになっています。

 

今回紹介したビールはこちら↓

 

written by Syunpei Abe.

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + nine =