captain-crow

酒の国・信州から、飲みやすさと苦みを両立したクラフトビール。「キャプテンクロウ・エクストラペール」

ワイン、日本酒、ビールと、長野には多くの酒造メーカーがある。

信州に聳える山々が育んだ良質の名水が酒造りに合うからだろう。とてもじゃないけれど数えきれないぐらいのメーカーが並んでいる。

地ビールメーカーも多く、県内に5つを数える。

その中には、毎回名作を打ち出すヤッホーブルーイングもあり、そのうち長野でブルワリー巡りをしてみたいもの。赤ら顔で信州を上から下へ巡る人がいれば僕です。

 

さて、今回は長野に居を構える地ビールメーカー「オラホビール」から、「キャプテンクロウ・エクストラペールエール」を紹介する。

 

飲みやすくて苦みもある、ワガママビール

captain-crow_glass

このキャプテンクロウは、過去にhipahipaで紹介したYOKOHAMA XPAと同じく、エクストラペールエールに属する。

飛び上がる苦さ!極めてビターなビールを飲みたいあなたへ。サンクトガーレン「YOKOHAMA XPA」

エクストラペールエール種のビールは苦みが持ち味だけれど、このキャプテンクロウは飲みやすさにも配慮している。

そのおかげで、かき氷を食べてキーンと来たときのような響く苦みを持ちながら、何杯でも飲みたくなるドリンカビリティを維持できている。

相反するかのように思われるこの2つのバランスを取った、ある意味「ワガママ」なビールが、キャプテンクロウというわけだ。

 

オラホビールに込められたもの

captain-crow

キャプテンクロウ・エクストラペールエールを造るのは、長野の「オラホビール」

オラホとは、「私たち」あるいは「私たちの土地」を意味するから、オラホビールという名前には、信州という土地を活かした酒造りをするという想いがこめられている。

 

このブルワリーの公式サイトのボディコピーが素晴らしいので引用したい。

オラホビールは、

“グラスの中の幸せ”を考えるブルワリーです。

一日の終わりに、週末に、休日に、

友人や、ご家族と、幸せなひとときを過ごしていただく、

そのお手伝いが出来れば…

私たち、オラホビールの願いです。

hipahipaを作った当初から考えてきた「ビールがある生活」に似て、ビールが飲まれるひとときまで考えを巡らせているところにグッと来た。

そんな想いがつまったキャプテンクロウを楽しんでみて。

 

お求めはこちらから

 

日本のクラフトビールをまとめて知りたい欲張りさんへ

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 3 =