onze_bass-pale-ale

Brasserie Cafe ONZE(オンズ)なら、京都でカジュアルにフレンチを楽しめる

京都には、伝統的なスポットが数多くあるけれど、実はヤングでナウいスポットも多い。

今日は、その中でもおいしいビールが飲めるイチオシのレストランを紹介する。

Brasserie Cafe ONZE(ブラッスリー カフェ オンズ)

京都の中心街 四条からほど近い場所にあるフレンチレストラン。

最近は「俺のフレンチ」系のお店が増えてきているとはいえ、フレンチレストランというとコース料理でお高いイメージを持たれることも多い。

このONZEは、言わばフレンチ版ダイナーのようなお店で、仕事帰りの一杯や女子会に気軽に使えるフレンチレストランとして珍しい。

onze_bass-pale-ale

駆けつけ一杯目はイギリスのポピュラービール Bass Pale Ale(バス ペール・エール)から。

わずかに赤みがかった綺麗な色のビールで、ペール・エールらしい程よい苦みと、わずかな甘みが楽しいビール。

 

 

onze_ham

料理は生ハムからスタート。

カウンターに飾ってある巨大な豚足から生ハムを切り出す様に食欲をそそられる。

バス ペール・エールを飲みながらパクパクと平らげられちゃう味でオススメ。

 

onze_hoegaarden-white

二杯目はヒューガルデン・ホワイト

以前、キング・オブ・ホワイトビールとしてhipahipaで紹介した美味すぎるビール。

オレンジピールの爽やかさが人気の秘訣。

ベルギーホワイトビールの王様 ヒューガルデン・ホワイトはやっぱり王様だった。

 

onze_pig-blood-ham

お次は変わり種を注文。

なんだと思いますか? 豚の血ソーセージであります。

ソーセージにナイフを入れた瞬間に血がピュッとなりそうな感じ全開だけれど、そこは心配ご無用。焼いて熱を加えているから固まっている。

ビシッと例えづらい味だけれどレバーに近いかな。これもお酒とよく合う。

 

onze_pate

他にもパテやお肉料理など、女子受け◎な料理ばかりでした。

適度なワイガヤ感で、喋りやすい雰囲気にも関わらず、可愛い店内なので、京都での女子会はここに決まり!

 

Brasserie Cafe ONZE

場所 : 京都市下京区木屋町通四条下ル斎藤町125

アクセス : 阪急 河原町駅から徒歩2分、京阪 祇園四条駅から徒歩3分

電話番号 : 075-351-0733

サイト : http://onze.blue/

Pocket

1 Comment

  1. Pingback: マネやピカソも愛したイギリスを代表するエールビール。「バス ペールエール」 | hipahipa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + 4 =