青い空と海のビール 正面

ビールは苦くない!「青い空と海のビール」は固定概念を変えてくれる沖縄地ビール

”常に本物を作る”を掲げ、沖縄発、本物であることに拘り、泡盛などを作っているヘリオス酒造が、1996年に沖縄で初めて作ったのが「青い空と海のビール」です。

94年の酒税法改正から始まった地ビール(クラフトビール)ブームの中作られたヴァイツェンタイプ(ドイツの白ビール)のビールで、商品紹介ページには、”ビールは苦い”のイメージを変えるとあります。

http://helios-syuzo.co.jp/docs/products/aoisorabeer/

 

そんな「青い空と海のビール」がこちら。

青い空と海のビール 正面

THE 沖縄♪といったフレッシュさ全開のパッケージですが、味もそのイメージを崩さず、ヴァイツェンビールの飲みやすさにフルーティな香りと味わいがミックスインされています。

hipahipaで前に紹介したシメイブルーと同じく、ビール酵母ごとパッケージされているところもこだわりの一つ。

シメイ・ブルーはワインのように楽しむ

 

このビールは沖縄の具志頭村にあるブルワリーで飲めるそうなので、いつか行ってみたいところ。

沖縄のピーカン照りの下で飲むビールは最高だろうな、と思います。

※ところがこのブルワリー 閉店したとの情報が。

http://tabelog.com/okinawa/A4704/A470402/47000919/

本当だったら実に残念です。

 

青い空と海のビール グラスと

ヴァイツェンタイプらしく、白っぽい爽やかな色をしている。

 

白ビール系にはやっぱり魚が合う

サッパリしていて癖がないため、このビールはどんな料理にでも合います。

今回は、王道的な合わせ方として魚料理 – ムニエルをおすすめします。

レモンでさっぱり♡/鱈のムニエル

お昼ごはんを我慢しながらこれを書いていますが、もう限界!

カリッカリのムニエルとビール飲んできます!したらば!

 

今回紹介したビールはこちら↓

 

 

Pocket

2 Comments

  1. Pingback: ゆず塩ビールは夏にぴったりすぎる!「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY セッション柚子エール 〜あら塩仕立て〜」 | hipahipa

  2. Pingback: 青い空と海のビール, マスターズドリーム, グランドキリン, ジ・アロマをカルピスで楽しむ! | hipahipa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =